パワハラかどうか見極める方法

職場で、上司などの上の立場にいる人間が、部下や非正規雇用の職員に対して嫌がらせ・いじめを行うことを、パワーハラスメント(パワハラ)と呼びます。性的な嫌がらせ、セクハラとは違い教育的指導との境目があいまいで表面化しにくい問題でしたが、2012年に厚生労働省によってパワーハラスメントの定義付けが行われました。

職場で不快な態度や言葉をぶつけられていると感じたら、この定義に照らし合わせてそれがパワーハラスメントなのかどうか確認してみてください。まず、代表例に攻撃的な態度、暴言や暴力があります。殴られる、蹴られるなどはもちろん、職務に関係の無い侮辱や罵倒、物にあたるなど、恐怖を助長させる行動は立派なパワハラ行為です。また、無視や仲間外れなど、周囲の交友関係からの隔離もパワーハラスメント的言動と定義づけられています。

その他にも、社員一人の手には負えない、と周囲も明らかに分かっているような業務上不可能な仕事を押し付けたり、反対に能力があるにもかかわらず簡単すぎる仕事しか頼まない、などの業務での嫌がらせもこの定義に該当します。分かりにくい部分では、プライベートの予定や私生活、家族のことなど仕事に関わりの無い個人的なことをしつこく矯正するのもパワーハラスメントとして糾弾できる項目です。暴力や暴言はともかく、その他のことは、上司など自分より上の立場の人間に「教育的指導」や「交流」だと言われてしまうと中々指摘できなくなってしまいます。しかし、仕事の上で不愉快な目に合い続ける必要はありません。自分がこれはパワハラだと感じたら、しかるべき機関に指示を仰ぎ、その不安要素を取り除くよう努めましょう。きちんと声をあげて、パワハラに立ち向かうことが自分も周囲の人も救うことに繋がります。