女性に対する理不尽な対応

女性が育休を終えて会社に復職しようとしたら「以前とは全く違う部署へ配置されていた」という事はよくある話です。しかも、その部署に飛ばされる事で、降格扱いされてしまっている場合もありえるので注意が必要です。

また、事前に「どうせ休みがちになるんだから」と言われ、正社員であったにも関わらず、アルバイト採用に切り替えると言われてしまう事例もあります。このような女性に対する横暴な行動は、もちろん労働に関する法律に違反する事になりますので、早急に対処しましょう。しかし、実際にはこのような現状にママがたえることが出来ずに、職場復帰を諦めてしまい、泣き寝入りをせざるを得ないという現状が多いのです。

育休を開けた時にそうならない為に、事前にどのような対処を打っておけば良いのでしょうか。そのためには、まず自分の仕事をしっかりとこなして立場を確立しておくことが大切です。その部署に自分がいないと仕事が回らないくらい、重要なポストに身を置いておけば、まずは復職をした際に理不尽なパワハラに遭う事も無いでしょう。また、妊娠をした際には、必ず自身が勤めている会社の妊産婦の復職の制度や、実際に復職をしている人はどういった仕事をしているのかというのをチェックしておきましょう。そうする事で、安心して自分の会社に復職をする事が出来るはずです。いつ妊娠をして、会社を離れるかは解りません。そうなった時の為に、復職を考えている人は仕事を懸命にこなしてキャリアと知識を蓄えておきましょう。